2012年10月21日

電波人間のRPG2(14)氷の島

ヴァイパーレディは苦心しつつもなんとか撃破。
121022_0021~50.jpg
全滅してもいいように、ほぼ家で捕まえた電波人間だけで特攻したんだが、意外にも辛勝。
氷アンテナ持ちふたりがいなかったら確実に全滅でした。

ヴァイパーレディ撃破後、妖精の里に入れるようになり、更には氷の島に突入可に。
氷の島はツルツルすべる。
落とし穴が大変ウザい。
ザコ敵もなかなか手ごわくなってきた
前作の恐怖再び・氷のダンジョンなのに炎を吐いてくるアイスドラゴン。
登場時点で怒ってて痛恨がコワい、ホワイトベアー。
そして、ツルツル滑る先にある宝箱。
1階最深部の超寒いエリアのツルツル地獄にある宝箱は、集めきれる気がしない(´・ω・`)

【ヴァイパーレディ】
なんか、あちこちで「ヴァイパーレディ強い」というご意見をチラホラ聞きまして。
「そっかー、とりあえず様子見してくるか」というワケで、家から捕まる電波人間で固めたパーティーで出撃することに。
家の電波人間なら、全滅してもすぐ再キャッチできるから惜しくないさ。
残念ながら回復アンテナはいなかったので、そこだけはスタメンの子を連れて行きます。

ヴァイパーレディ、どこにいるのかと思ったら、前回見つけた釣り場3ヶ所のどっかに現れるのね。
だから釣り場に回復ポイントがあったのか。
会話イベントが明らかに誘惑攻撃してきそうな風情だったので、手持ちの誘惑耐性装備を地味に振り分けてから、いざバトル。
ヴァイパーレディ、案の定、誘惑攻撃してきます。
あと、結構ビンタが痛い。
何となく闇属性かと思ってアンテナなしの子達に光攻撃武器をつけさせてたんですが、残念ながら空振り。
とはいえ、幸いにも氷アンテナ持ちがふたりいたので、そのふたりにガンガン氷を撃ってもらいます。
入れ替わり立ち代わり誰かが死んだり見とれたりで苦戦しつつ、何とか撃破!
121022_0021~16.jpg
いやー、その気持ちはよくわかるよノエルくん。

【妖精の里】
ヴァイパーレディのことを教えてくれた妖精の所に戻ると、妖精の里への道を開いてくれました。
いざ踏み込んでみると、いろいろあります。
お店・宿はもちろんのこと、「リサイクルのつぼ」と「ペイント屋」という目新しい施設がありますよ。
特にペイント屋。
どうやら育てた花を使って電波人間の体色を変えられるらしい。
試しにペイント屋さんの調合をのぞいてみたところ、結構な量の花が必要な雰囲気。
ナルホド、あんなに畑があるのはそれでか。
……そういや、花の種のドロップって序盤でしか見てないような気がしますよ(´・ω・`)
(あとでミュージアム確認しておこう)
その他、上級妖精とやらがデンパタウンに来てくれて、帰ってしまった電波人間の呼び戻し費用が安くなりました。
そういや前作でもそういう仕様だったっけ。
妖精の女王に謁見すると、妖精からカギがもらえて、氷の島に入れるようになります。
(ココに来る前だと、氷の島の中には入れない)

まぁそんなワケで氷の島に突入するノエルくんご一行。
ツルツル床に苦戦中ですが、1階の奥に行くと「更に寒い」エリアがあり、2分しか動けません。
2分過ぎるとぶっ倒れますが、「暗闇のどうくつ」的な感じで、寒いエリアの外に押し出されるだけみたい。
とはいえ、結構敵も強いし、ツルツルゾーンなんでうまく宝箱の位置に止まれないし、宝箱を回収しきるのは至難の業。
宝箱回収は一旦ダンジョン突破してからの方がいいのかしらん?


  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by みさと at 23:00 | Comment(0) | 電波人間のRPG2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント